35歳からの中国語独学

独学で中国語をマスターするために試行錯誤しています。また中国や瀋陽にまつわる色々な事を書きます。

小瀋陽と瀋春陽の覇王別姫

  小瀋陽(男)と瀋春陽(女)の小品。小品を日中辞典で引いて見ると、演劇・音楽・文学などの短い芸術作品という事です。小瀋陽と瀋春陽は中国で人気のあるコメディアンなので漫才やコントのようなものですね。東北訛りの中国語で話すので中国語の勉強で見るには不向きかもしれませんが、基本的には普通語なので広東語や上海語などのように全く違う発音ではありません。私はこの動画が好きで何回も見ています。


小沈阳沈春阳《阳仔演笑会Ⅲ》北京卫视春晚- YouTube

(最初に紹介していた動画が違うものだったので差し替えました)

こちらの動画は漫才のようなもので、旧正月に行われるテレビ番組に出演した際のものです。二人で覇王別姫の真似事をやるシーンで、瀋春陽が“干哈呀?”と言って小瀋陽に「なんでで東北人なんだよ〜」とツッコミを入れられるのですが、“干哈呀? gan ha ya”は普通後では“干什么?”なのです。妻の実家の瀋陽ではこのような言葉が使われています。

 

 


都要好好的小沈阳夫妇一首朴实而动听的情歌- YouTube

実はこの二人は夫婦です。この歌はおそらく嫁さんを労うような歌だと思われます。

 

「女と銃と荒野の麺屋」には小瀋陽が出ています。小瀋陽が見たければ良いかもしれません。

 

 

広告を非表示にする